ケトジェンヌの成分で注目すべきものを詳しく調べてみました

ケトジェンヌ

 

ケトジェンヌには次のように、たくさんの有効成分が含まれており、高い痩身効果につながっています。

 

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

 

ケトジェンヌがもたらす痩身効果について、その中でも欠かすことのできない成分こそ、MCTオイルと呼ばれている本成分です。

 

ケトジェンヌの痩身効果の中枢を担うのが、このMCTオイルのなかに入っている「中鎖脂肪酸」(ちゅうさしぼうさん)という成分です。

 

中鎖脂肪酸とは別物として、「長鎖脂肪酸」というものがあり、これはサラダ油などの食用油に多く含まれています。

 

この長鎖脂肪酸、体内の筋肉や脂肪組織の中に吸収され、徐々に身体にたまっていきます。

 

それに比べ、MCTオイルに入っている中鎖脂肪酸は、小腸に取り込まれたあと門脈を通過し、そのまま肝臓へと運ばれていきます。

 

肝臓に達した中鎖脂肪酸は、次々に分解されていってしまうのです。

 

その際に「ケトン体」が同時に生成され、脂肪をエネルギーとして使いやすくなるしくみが生まれるのです。

 

結果として、ケトジェンヌを服用し、MCTオイル(中鎖脂肪酸)を摂取することで、より先に脂肪をエネルギーとして消費するという、痩せ体質になれるというわけです。

 

アマニ油

 

ケトジェンヌには、アマニ油という成分が配合されています。

 

アマニ油は、人間が合成できない脂肪酸(不飽和脂肪酸)である必須脂肪酸、n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)のひとつ、α-リノレン酸を数多くもっています。

 

このリノレン酸という成分には、贅肉のもととなる「血中中性脂肪」を下げる効果があるのです。

 

リノレン酸とMCTオイル(中鎖脂肪酸)をあわせて摂取することで、より痩身効果が高まると考えられます。

 

このアマニ油、体内に摂取されることで、いろいろな物質に変わります。

 

その物質が血液がドロドロになるのを防ぎ、動脈硬化を予防し、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を和らげることも期待できるのです。

 

スーパーフード

 

それ以外にも、ケトジェンヌには次の3つのスーパーフードが含まれています。

 

☆サジーエキス

 

☆スピルリナ

 

☆明日葉

 

これら3つの成分のおかげで、ケトジェンヌがより高い痩身効果を引き出してくれるんです。

 

しかも、ダイエットでしばしば足りなくなる栄養素もちゃんと補充してくれます。

 

特に、グミ科の植物「サジー」をエキスにした成分である「サジーエキス」は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素をたっぷり含んでいます。

 

サジーからつくられたジュースは、痩身効果や美容効果が高いとして話題になりました。

 

難消化性デキストリン

 

水溶性の食物繊維で、トウモロコシなどからつくられます。

 

腸を整える働きをサポートする作用が見込めます。

 

これはトクホ(特定保健用食品)としての認可も下りているという、期待の成分でもあります。

 

大豆イソフラボンとオリーブ葉

 

女性ホルモンによく似た性質の、女性の美しさの維持に高い効果をもたらしてくれる大豆イソフラボン。

 

また、オリーブ葉は、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減少させる作用のある脂肪酸、オレイン酸をたっぷり含んでいます。

 

お通じの改善にも高い効果があるといわれています。

 

購入するなら公式サイトで。

 

以上、ケトジェンヌは成分面からもおすすめできるケトジェニックサプリです。

 

次の記事でケトジェンヌの公式サイト限定特典について書きましたので、併せてチェックしてみてくださいね。

 

ページの先頭へ戻る